墨絵ライブ Sumi-e Live Painting Performance

Story

墨絵ライブは大勢の人々の前で即興的に大画面(布地等)に墨絵を描くイベントです。

墨が勢いよくほとばしり、たち現れてくる墨絵にみんな興味深々です。 元気いっぱいに墨のエネルギーが爆発し、一気に出来上がる作品は子供から大人まで強い印象と溢れるエネルギーを与えます。 本多豊國の軽妙なトークとその筆さばき、そして見る見る完成されてくる作品。時にはその作品世界の中へあなたも入れるかもしれません。 さまざまな魅力とアートの楽しみを併せ持つものが墨絵ライブなのです。

event_02 event_03 event_01

墨絵は枯れたものではなく生き生きとした今を描くためのものです。過去の伝統のものではなく現在の私たちのパワーを引き出すためのものです。絵を描く楽しさや力強さ、出現したものに対する驚きや喜び、それを観る者を魅了する何か、そこにあふれる笑顔。これらの凝縮が本多豊國の墨絵ライブです。
真っ白だったキャンバスに突如現れるその絵の迫力、パワーそして不思議。今までで一度も経験したことのない驚き。描かれる絵のあたたかさと圧倒的な力強さ、その渦に引き込まれていく過程でみんなの想いがひとつになる瞬間、そのとき自然と笑みがこぼれます。墨絵ライブはみんなで作るものなのです。

Sumi-e live performance is an event that draws the sumi painting on large canvas improvised in front of a large number of people.
Audience will be enthusiastic about sumi painting to go completed steadily and splashes vigorously. Energy of Sumi explodes with an exuberance, works come along rapidly gives full of energy and strong impression from children to adults. One that combines the fun of art and a variety of charm is the sumi painting live performance.

すでに国内外で30回以上の公演が行われてきました。それぞれの土地柄に合わせて同じ絵柄でも少しずつ違いがでて、その場にいる人たちのパワーによっても絵は変わっていきます。
例えばアメリカのシアトル桜祭りでは桜とワシントン州をシンボルとするサーモン、そしてアメリカの象徴である鷲が描かれました。またカリフォルニアのラグナビーチでは回遊する鯨が描かれ笛の奏者とコラボレーションした時は笛を吹く女性が描かれました。いろいろ描かれてきた中でもやはり人気があるのは龍です。本多豊國が描く独特の龍はアメリカでも日本でも見る者を魅了し続けています。

Sumi-e painting live performance has been done nearly 50 times in Japan and overseas already. Toyokuni has been drawing a lot of themes. They gave him a compliment and a big applause from the audience all. Theme Highest Rated is the dragon. The dragon has enthralled audiences everywhere.

event_04 event_05 event_08