絵本『トミジの海』朗読会

宮城県石巻市鮎川浜の漁師・齋藤富嗣は震災直後の大津波に飲み込まれてしまいました。しかし、海上でのさまざまな絶望を越えて、その2日後にやっと富嗣は家族の待つ陸地へと戻ってきました。
これは1000年に一度といわれる東日本大震災で起きた実際の津波体験に基づいた絵本です。1000年来漁師の間で語り継がれた「地震が来たら(舟を)沖へ出せ」から「地震が来たら高いところへ逃げろ」と命を守る選択に伝承が変わったきっかけとなる地震でした。
この記憶を風化させてしまわないように、この体験を伝えることで復興と防災の意識を継続させていこうという思いでbayfmを中心に様々な力が集まり制作されました。そして現在、東北地方をはじめ日本各地、世界各地にこの絵本は広がっています。

日時

5月22日(日)
開場 13:30 / 開演 14:00

出演

村上信夫(元NHKエグゼクティブアナウンサー)
本多豊國(墨絵画家・「トミジの海」作家)

入場料

入場無料
※全席自由・先着順・椅子席 ※クローク等はございません
※混雑時は立ち見の場合がございます

主催

一般社団法人 三月のひまわり
HONDA WORKS (豊國アトリエ)